未分類

封筒宛名「御中」の(苦い)思い出

忘れもしない大学受験の時のことです。
地元の国立大学が第一志望だった私は、二次試験の願書を取り寄せ、必要事項の漏れが無いよう、できる限り丁寧な字で封筒に宛名を記入をしました。
中身を何度も確認し、封をして、宛名に印刷で『○○大学 願書受付係 行』とあるのに気付き、「あ~、『行』を直さなくっちゃね!」と、定規で二重線を引いて訂正。これで完璧な仕上がりです。
すでに郵便局の営業時間は過ぎていたので、その封筒をポストに投函しました。
そして帰宅したのですが…。
ふと、気付いたのです。
二重線を引いた後、自信満々に訂正したその文字が、『御中』ではなく、『殿中』だったことに…。
前年の暮れに、たまたまテレビで見た「忠臣蔵」の記憶が強烈だったのか。はたまた、宛先の『殿』と『御中』が混ざったのか。
頭の中に、「忠臣蔵」の有名な台詞、「浅野殿、殿中でござる!」がこだまのように響きました。
うわぁーーーっっ!やってもーたっ!!と思いましたが、ポストの集荷時間も過ぎていて、すべては後の祭りです。
まあ、宛先には配点ないんだし、とか、願書受け付ける人と採点する人は別だし、とか、くよくよする自分を慰めながら受験しましたが、結局サクラは咲きませんでした。(封筒に書いた宛名のせいではないでしょうけれど。)
今でも、『御中』と書いたり入力するたびに、失敗に気付いた時の焦りと恥ずかしさを思い出します。
おかげでそれ以降、同じ間違いをしたことはありません。
最近は、はじめから『御中』となっている封筒をよく見かけます。
そうだよ、どうせ直すんだから、『御中』でいいじゃん。よっぽど合理的だよ。
そう思いますが、自分で返信用封筒を入れる時には『行』と書いてしまいます。
自社や自分に『御中』、『殿』、『様』とつけるのは、謙譲の心を大切にする日本人としては、礼儀を欠くようで馴染まないのかもしれません。

封筒でチケットを友人に郵送した時の失敗談

私の長年の趣味の1つに映画鑑賞があります。

中でも新作映画が無料でいち早く観覧できる試写会に参加するのですが、

以前、ある映画の試写状が封書で送られてきたとき、その日にちを確認すると、既に予定が入っていてガッカリ!

せっかく当選したものなので、よく一緒に試写会に参加してくれる友人に試写状を譲ることにしました。

試写会の日にちは、私が封書で受け取った日の3日後。

早く渡さないと試写会に間に合わない!と焦った私は、試写状を送られてきた封筒に入れて、

宛名の欄を友人の住所と名前に修正し、切手を貼ってそのまま発送したのです。

隣の市に住む友人ですので、翌日か遅くても翌々日には到着するだろうと安心していた私。

しかし私が発送した封書は試写会当日まで友人の手元に届くことはなく、実際に到着したのは発送から4日後のことでした。

せっかく私の代わりに友人に楽しんできてもらおうと思ったのに、その努力が無になってしまったことや、

友人のスケジュールに穴をあけてしまったこともあり、どうして到着が遅くなったのか、

私は郵便局に問い合わせの電話を入れました。
そこで分かったことなのですが、一度使用した封筒は、

宛名も切手も郵便局で押すスタンプもすべてしっかり消さないと、

発送の際の機械処理でミスが出てしまう可能性があるそうです。
私の場合、一度使用した封筒の情報をしっかり消去しなかったことで、

機械が前の発送情報と混乱してエラーを起こし、それが遅延の原因に繋がったようでした。

私が「一度使用した封筒をそのまま再利用した」ことが、そもそもの原因だったということで、

局員さんの話を聞いているうちに、自身の失態にむしろ恥ずかしさを覚えました。

郵便で送る際の封筒は、再利用を避けるのが無難です。できるだけ新しい封筒で発送しましょう。